artisans tw map artisans-w tobl-w artisans-b2 arw_suscribe fb logo_elm01 logo_elm02 play shop symbol_l symbol_r symbol tobl-b tobl

Qualita
Blog

2017.10.6

ご挨拶

Share on

祈りの答えは、ひとつじゃない。

 

節目の創業50周年を迎える仏壇専門店の3代目として7年、多くのお客様に接し、「リビングに置く、コンパクトでもっと上質なものを探している」「このデザインと質感では我が家に調和しない」「大事なお仏壇だから、日本で作るものがいい」など、現在の仏壇には満足できないという、多くのお客様の声を聞いてきました。

ライフスタイルや価値観が大きく変わったのに、お仏壇は私が子供のころと全く変わっていない。このままでは、家族の絆を紡ぎ、愛してくれた人、愛した人に手を合わせる大切な場が、日本の暮らしから消えてしまうというとの思いが募るばかりでした。多くの方が現在のお仏壇では我が家にはフイットしないとお考えなら、自分たちで作るしかないと決心したのが、今から3年程前です。

北海道から九州まで約100近くの工房さん、産地を訪ねてきました。雪が舞い始めた初冬の夕方に、心細くなりながら訪ねた北海道旭川の家具工房さん、積雪のため車が使えず鉄道駅から約2キロの雪の畦道を歩いた石川県の工房さん、鹿児島県の工房さんを訪ね不調に終わり、ガックリして帰り道に立ち寄った、桜島を目の前にする「磯公園・仙厳園」で美しい色彩ガラの器を見つけ、早速翌日訪ねた薩摩川内市のガラス工房さん。

今では懐かしい思い出です。

 

現在のお仏壇とはカタチだけでなく、価値観の異なるものを創るのですから、難しくもありました。私たちのコンセプトに賛同していただけない方、私たちの求める品質と違う工房さんも数多くありました。

でも多くの工房、産地を訪ねるなかで私たちが改めて知ったのは、日本のartisans・職人さんのものづくりにかける想い、技術の素晴らしさです。日本の風土に生まれたものづくり。若い女性やご夫婦で朝早くから夜遅くまで、新しい創作に没頭している姿をみるとおのずと頭が下がります。

この素晴らしい技術で創る作品を多くの人に知っていただけるよう努力するのも私たち、Qualitaの大きなmission・使命と考えます。

また、日本には素晴らしいアーティストさんもたくさんいます。私たちの思いやコンセプトに賛同してくださったアーティストさんが、様々な形で新しい祈りの場をつくってくださることになりました。

 

祈りという行為には、いくつもの答えがあってもいいのではないか。

それぞれの自分らしい暮らしのなかに、それぞれの祈りの場所を提供したい。

日本を代表する産地、工房・職人さんがひとつひとつ丁寧に手仕事でつくる仏壇・位牌・仏具、アーティストさんがつくる新しい祈りの場、

Qualitaをよろしくお願い致します。

 

2017年10月

株式会社クオリタ 代表取締役 二木昌之

All Posts