artisans tw map artisans-w tobl-w artisans-b2 arw_suscribe fb logo_elm01 logo_elm02 play shop symbol_l symbol_r symbol tobl-b tobl

Qualita
Blog

2018.2.10

モダンなリビングに小さなお厨子(ずし)が良く似合います。

Share on

コンパクトな祈りの場として、オブジェとして余分な装飾をそぎ落としたシンプルなデザイン。昔どこかで見たことのあるような、優しさと懐かしさを感じるお厨子シリーズは、小さな祈りのインテリアとして、我が家のライフスタイルとよく調和します。

 

長野県松本市美ヶ原高原山麓の自然に囲まれた「前田木藝工房」の江戸指物3代目・前田純一さんは、桑や栃、ウォールナットなど、環境に優しい天然素材、銘木の無垢材と金属を使って、手仕事で丁寧にお厨子を制作しています。無垢の銘木は、自然の木の持ち味を引き出す安全な天然塗料「ビーワックス、蜜蝋」で仕上げています。

 

環境に優しい土に循環する金属は、美ヶ原高原の自然の中で、太陽や夜露にさらして、時間の流れとともに育つ鉄錆や、日本古来の緑青の魅力を生かして作られます。自然の力の持つ美しさを表現する名工「前田純一」さんが創作する、美しくおしゃれな現代の祈りのインテリアをQualitaがご提案します。

 

「シンプルでおしゃれな厨子シリーズ」は、Qualitaと信州松本市の名工「前田純一」さんとのコラボレーション【SPA・製造小売り】により、直接お客さまにお届けします。

 

◆自然と時間の流れ、手仕事で制作するため、数多く制作することができません。すみませんが、お届けまでお待ちいただく場合がございます。

 

錆鉄の厨子

可愛い祈りの場・そっと手を合わせたくなるような、かわいいお厨子です。鉄錆のアーチがオブジェのようなこのお厨子は、祈りの場として、素敵なインテリアを演出します。サイズは高さH24×W16.5×D13(cm)。スペースをとらず、お部屋のどこにも収まる大きさです。また壁面や柱などにも掛けることも可能です。

 

また鉄錆の厨子には十字架、クロスを付けたキリスト教徒の厨子もご用意しております。

 

鉄の板をアーチ状に手作業で叩いて形作り、信州美ヶ原高原の自然の中に放置して太陽や風雨・夜露にさらし、時間の流れとともに育った錆の進行を抑えた後、ビーワックス(蜜蝋)で仕上げています。通常は新たに錆が生じたり、触って汚れるようなことはありませんが、土に還る天然素材を使用していますので、海岸のお近くや、湿度の高い季節に錆が目立つ時には、市販の蜜蝋を布につけてお手入れ下さい。

 

薬品で発生する錆と違い、自然と時間が作る繊細な錆を落ち着いた漆黒に仕上げた「鉄錆のお厨子」は、信州美ヶ原高原の工房から生まれます。木部は、栃材や槐(エンジュ)、人気のウォールナット材など、銘木の無垢板を使用し、背板は、石川県金沢産の金箔や銀箔で仕上げています。(金沢産の金箔銀箔は日本で最高の品質と言われています。)台座などの木部も、同じ蜜蝋仕上げです。手作業で叩いて作り出すアーチ状のかたちと、自然の中で育つ錆色、金箔銀箔仕上げは、一作一作が異なるのも魅力です。

 

 

 

星のお厨子

リビングに似合う、カジュアルで優しいお厨子です。リビングは、私たちのライフスタイルにとって大切な場所です。その心地よい空間に調和して、好みのキャビネットやシェルフに置いた時に、優しく心がなんとなく和む手を合わせる場を創りたいとデッサンを重ねて、制作したのが「星のお厨子」です。

 

伝統の江戸指物師3代目「前田木藝工房」の前田純一さんが、現代的でコンパクト、カジュアルな優しいお厨子に仕上げています。キャビネットの上の「星のお厨子」を見ると、なんとなく優しい風が流れているようです。マンションの生活空間にも合うコンパクトな大きさは、お部屋のどこにも収まって、厨子の存在が気にならないのもいいですね。繊細な技術から生まれる、優しいお星さまの形の引き手がとても可愛く、この「星のお厨子」の優しい魅力になっています。

 

お厨子の背板には、石川県金沢産の金箔や銀箔を使用しています。(金沢産の金箔銀箔は日本で最高の品質と言われています。)素材は、栃や桑、ウォールナットなど、銘木の無垢板を使用して、塗料は環境にやさしい天然の油脂、ビーワックス(蜜蝋)で仕上げています。

 

作品の特徴となっている星型の餝金物は、堅牢な鉄で母体を作り、溶かした銀を被せて仕上げて、この作品の魅力的なアクセントにしています。また金箔や銀箔は手仕事で制作し、素材は無垢板ですので、一作一作箔の印象や、素材の木目等一作一作異なります。

 

 

 

円錐のお厨子

シンプルでシャープなお厨子は、現代アートのようです。無駄な装飾をそぎ落とした、緑青の屋根が魅力的な円錐のお厨子は、現代アートを思わせ、モダンなリビングやインテリア空間によく似合います。リビングのシェルフやキャビネットに置くとモダンなオブジェのよう、おとぎ話にでてくる家、メルヘンの世界を見ているようで、前田純一さんは、幼いころに見た夢を、デザインしたのかもしれません。

現代的にアレンジした屋根の宝珠と銀色の鋲、星をイメージした扉の錺金具が魅力的でモダンでおしゃれなこのお厨子は、鉄の板を回転させ、ヘラを押し付けながら形をつくるヘラ絞り技法から生まれるシャープな円錐形の屋根が印象的、銅粉を撒きながら、自然と時間が作り出す緑青で、美しい屋根が仕上がります。

家族で手を合わせる、大切な祈りの場だから、美しく・格調高いものを創りたいという作り手の強い思いで創作した、シャープでモダンな新しい祈りの場をQualitaがお届けします。

All Posts