artisans tw map artisans-w tobl-w artisans-b2 arw_suscribe fb logo_elm01 logo_elm02 play shop symbol_l symbol_r symbol tobl-b tobl

Qualita
Blog

2018.6.1

家具産地・旭川で作られる祈りの形

Share on

北海道旭川市東川町、東神楽町周辺は家具の工房メーカーやクラフトの工房が

多く集まっており木工製品の一大産地となっております。

明治時代にご木挽場(今でいう製材所)ができ、また旭川周辺は自然豊かな大雪山系の

広大な森林があり良質の木材の資源が豊富で次第に全国から家具職人、建具職人、木工職人などが

集まってきました。第一次世界大戦によって旭川の木工業は発展していきましたが、

第二次世界大戦により家具の生産は減っていきました。

昭和24年に「重要木工集団地区」の指定を国から受け、また北海道林業指導所、木工芸指導所などの

設置、開設、生産地での展示販売会「旭川木工祭り」など開催していきまいた。

以前は重厚な高級家具など制作していましたがライフスタイルの変化と共に

タンスなどの箱ものから椅子なのどの脚ものへと変わっていき変化とともにデザインにも

力を入れ国際的なデザインコンペIFDA(国際家具デザインフェア旭川)を3年に一度開催し

日本のデザイナーの他、世界各国のデザイナーの作品も多く出品されます。

また毎年旭川デザインウィーク(ADW)というイベントも開催しており家具展示の他

デザイナーのトークショー、工房の見学会、ものつくり体験、などなど様々な楽しいイベントが

行われています。

旭川家具はこういったデザインコンペなどを通して家具職人の高い技術力と世界の優れた

デザインとのコラボレーションにより高いデザイン性を持った新しい感覚と現代のライフスタイルに

マッチした家具を生みだし全国でも有数のデザイン家具の産地となっています。

このようなデザイン家具が見たいとい方は、旭川駅より車で約15分のところに家具メーカー・

木工メーカー約30社の商品が一度に見られる旭川デザインセンター(旧旭川家具センター)があります。

クオリタの商品も旭川家具の職人集団北海道東神楽町にある

「インテリ北匠工房・ほくしょうこうぼう」でつくられています。

家具製作技能士らの手によって木地の買い付けから切断、研ぎ、磨き、組立て、

細部にまでこだわり寸分の狂いもない扉の合わせ、職人の技が作り上げたお仏壇です。

一度見ていただければ違いが判ると思います。

通信販売の他、埼玉県東松山市にショールームもございますので是非気になった方は

お越しください。お待ちしております。

 

 

All Posts