artisans tw map artisans-w tobl-w artisans-b2 arw_suscribe fb logo_elm01 logo_elm02 play shop symbol_l symbol_r symbol tobl-b tobl

Qualita
Blog

2018.9.10

伝統技術を受け継ぐ街

Share on

富山県高岡市は昔から銅器・漆器、の産地であり

400年の歴史をもつ伝統技術が今でも生きつづけている街である。

 

鋳物メーカーも沢山たくさんあり、仏具を製作している工房も多く点在し、

高岡と仏具類との歴史は長い。

誰しも必ず一度は目にした事や触れたことはあるであろう。

 

仏具以外にも

鋳物類では茶道具、花器、梵鐘(寺院等にある大きい鐘)、銅像。

漆器類では食器、お盆、など様々で螺鈿、青貝塗など施された

どれも手の込んだものばかりだ。

 

最近ではこの伝統技術を生かした現代の

生活に合わせたモダンでお洒落な製品も作られている。

インテリア雑貨、照明器具、時計、テーブルウェア、風鈴、スマホケース、

アクセサリー、グラスに漆を塗ったものなど様々な身近なものが

高岡の伝統技術を受け継いでいる。

 

そんな中で今、人気になってるのが「能作」である。

錫、真鍮、青銅で造られた製品の数々。

その中で弊社でも取り扱っている商品を

いくつかご紹介したいと思います。

風鈴の技術を生かしたおリン。

 

従来のおリンは叩くものですが、

この商品は叩くのではなく振って音を出します。

 

色、形はそれぞれ3色、3種あります。

(ゴールド・ピンクゴールド・シルバー)

(スリム・ホルン・オニオン)

 

All Posts